手首の専門家、しまもと整体院

TFCC損傷をはじめ、手首の痛みでお悩みの方はご相談ください

TEL.080-6395-8749


〒790-0012 愛媛県松山市湊町4丁目5-6

当院のホームページをご覧いただいたあなたへ


雪山の風景

しまもと整体院のページをご覧いただき
ありがとうございます。
2017年8月より手首の小指側の痛みの専門家になりました。
TFCC損傷と診断される症状の専門整体院です。
TFCC損傷と診断される症状というだけですので、別の診断でも構いません。
尺骨突き上げ症候群や、腱鞘炎、捻挫、尺側手根伸筋腱炎や腱の断裂と、
診断されていても、手首小指側の痛みが出るものでしたら対象です。

TFCC損傷は治りにくいもの、治るのに時間のかかるものとされています。
私自身長い期間手首の痛みには悩まされましたが、今では完治しています。

自分自身で作り上げた施術方法で、
【TFCC損傷は怖いものではない】
ということを証明していきたいと思っています。
現在は決まった店舗をもたず、全国を出張しております。
施術を受ける機会を、さまざまなな地域の方に提供したいと思ってのことです。

現在ホームページのリニューアルを予定しております。
もともと普通の整体院をやっておりましたので、今となっては不要なページも多々あります。
見にくいところもあると思いますが、ご了承いただければ幸いです。

ごあいさつ

手首の痛み

私は2017年8月より手首小指側の痛みの専門家になりました。
それ以前は愛媛県松山市で整体院を営んでおりました。

私が何者かというと、TFCC損傷で高校時代苦しみ、スポーツを諦めたことがある整体師です。
そして、自らこのTFCC損傷に効くケアを研究して克服しました。
その後全国に出張を行い、実績を残してきました。

多くの方を見させていただいたことで、さまざま気づきがあり、
TFCC損傷のケアを磨き上げてきました。
すべてのTFCC損傷の方が治るとは言いません。
しかし、私は私自身が手首小指側の痛みを経験し克服しています。
経験者だからこそわかる治し方というのがあるのです。

私にとっては、青春時代の情熱を打ち砕いた憎き症状です。
出張までしてTFCC損傷の方と向き合っているのは、私だけです。
そこまでするのは、やはり私にとって手首小指側の痛みは特別なものだからです。

TFCC損傷の苦しみを知り、挫折した私が、
今現在手首のことを全く気にせずスポーツに打ち込んでいるように、

あなたが手首の症状を気にせず、充実した日々を送るお力になれたらと思います。

10月のこれからの出張は東京福岡を予定しております。
11月の出張は大阪を予定しております。
施術をご希望の方は出張施術の予定表からご確認ください。


TFCC損傷とは?

TFCC部位


まずTFCCというのは手首小指側にある、三角繊維軟骨複合体というものです。
簡単に説明をすると、手首の小指側にあるクッションの役割をする靭帯や軟骨などです。

つまりTFCC損傷とは、手首の小指側にある、靭帯や関節円盤などのクッション機構が損傷していますよということです。
手首の小指側に痛みが出るのが特徴で、手首を小指側に倒すと痛い、手をつくと痛い、手首をひねると痛いという症状があります。
安静にしていると痛みが和らぎ、酷使すると痛みがひどくなるという経過をたどります。

写真の丸を付けているところ辺りに痛みが出ます。
この写真では手の甲側ですが、平側に痛みが出る人もいます。

医学的には手首の小指側のクッション構造の損傷が、手首小指側の痛みの原因とされていますが、私はここには痛みの原因はないと思っています。

ここで???と思ってしまう方が多いと思います。

手首の小指側の痛みの原因として、手首小指側のクッションに損傷(=TFCC損傷)があってそれが痛みの原因と考えられています。
しかし、私はクッションの損傷が痛みの原因ではないと考えています。

すべての人に関係がないとまでは言いませんが、大半の方は関係がないと思っています。
大げさに表現すれば、冤罪事件だと思っています。
痛い手首の痛い場所を画像診断した時に、怪しいのはこれしかないという感じで原因を押し付けられているように思うのです。

TFCC損傷と同じように尺骨突き上げ症候群も私は痛みの原因ではない、と思っています。
尺骨が長いというのも痛める前からおそらく同じ長さだったはずです。
元々そういう骨格だったのに、痛めた後からそのせいになるのはやはりおかしいと思うのです。

損傷がないってこと?と混乱する方がいると思いますが、
私の見解では、
①損傷があるように見えているだけの可能性があるということ。
そして、
②損傷があったとしてもそれは痛みとは無関係ではないかということです。
軟骨は爪と同じようなものです。
爪に傷がついても痛くないですよね?
そういうイメージのお話です。
それにクッションが痛みを感じるのであれば、クッションの意味がないと思います。

私がTFCC損傷と表現しているのは、手首小指側の痛みを示す病名がそれしかないからです。


手首小指側の痛みの本当の原因は?


本当の原因というより、私が思う原因は、

前腕のトリガーポイントです。
トリガーポイントという言葉自体あまり聞いたことがない人も多いと思います。
トリガー(引き金)ポイント(点)は痛みの引き金点という意味です。
アメリカの整形外科の先生が発見した、痛みの概念です。
筋肉にトリガーポイントが発生すると、離れた場所に関連痛を飛ばすというものです。
これは手首に限らず、様々なところに発生します。
肩こりがひどくなると頭痛がするなどもトリガーポイントが原因だったりするのです。


そのトリガーポイントが前腕部に発生すると、手首の小指側に痛みを発生させたりするのです。
TFCC損傷の方が痛みを感じるのは主に手首を動かしたときです。
その動きに関連する筋肉にトリガーポイントが発生して、関連痛を手首に飛ばすのです。

このトリガーポイントをしっかりと治していくためのケアが必要なのです。
ただ押せば治るというわけではありません。
私は自分で治していったので、TFCC損傷のためのやり方が、自分の体験として身に付きました。

そしてひとつお断りをしておきたいことがあります。

私は整体師ですので、お医者さんではありません。
医療従事者ではありませんので、医学書を書き換えるなどできません。
ですので、TFCC損傷について、本当の原因はこうです!という権利も当然ないのです。
だから○○と思います、とか××と考えますとしか表現できません。
身分をわきまえればお医者さんの意見を否定する権利はありません。
しかし、自分がこの症状で悩み苦しみ、克服をして、TFCC損傷と診断された方々の現状を見ていて、そのままにはしていられませんでした。
TFCC損傷に関わる先生方やこの症状で手術をした後などで、私の発信を見て不快に思われた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。

しかし、TFCC損傷の方を救いたいという思いがありますので、現在の医学を否定する形にはなりますが、発信を続けさせていただきたいと思います。


TFCC損傷のリンクページ


私のページはTFCC損傷の情報があふれています。
リンクを張っておきますのでご興味のある方は続きをご覧ください。


TFCC損傷を治すには
尺骨突き上げ症候群
TFCC損傷のケアを受けた方の感想
アスリートへの施術実績
出張施術の予定表
海外の方向けに英語の記事も書いています


自己紹介

院長写真

院長 島本幸一

愛媛県松山市生まれ

大川カイロプラクティック専門学院卒
日本カイロプラクティック医学協会認定カイロプラクター

TMSジャパン会員

2年制のカイロプラクティックの学校に通いながら
都内のリラクゼーションサロンに勤務(1年)

その後、大川学院付属院、旗の台整体院にて修行(3年半)

2011年 4月松山にて開業

初めまして、院長の島本です。
学生時代のケガにより、どうやっても治らない痛み・辛さを経験しました。
今では学んだ技術と知識によりその痛みも克服し
スポーツも遊びも仕事も充実した日々を過ごせるようになりました。
簡単に自己紹介をしたいと思います。

職歴:某機械メーカーにてサービスエンジニア→大川カイロプラクティック専門学院
   蒲田のリラクゼーションサロン→旗の台整体院→しまもと整体院(松山の店舗にて)
   そして、手首の専門の整体師(しまもと整体院)
血液型:A型(片付けの出来ない)
資格:大型自動二輪、普通四輪、英検4級、そろばん6級…以下略
趣味:バドミントン、魚釣り、ソフトテニス、ドライブ、ボルダリング、読書…etc

好きな言葉:ケセラセラ、人間万事塞翁が馬、一期一会

好きな音楽:1960年代から2000年代半ばくらいまでの日本の歌

好きな食べ物:じゃこてん、佐妻汁

性格:まじめ、お調子者

住んだことのある地域:愛媛、大阪、浜松、名古屋、東京

よくあるご質問


Q:スポーツにはどれくらいで復帰できますか?
Q:尺骨が長いと言われましたが、手術をしなくても治るのでしょうか?
Q:何回受けたら治りますか?
Q:保険は効きますか?
Q:手遅れになることはありますか?
Q:施術はどこに行けば受けられますか?
Q:痛みが無くなっても、靭帯は切れたままでしょうか?
Q:手首から音が鳴るのですが治りますか?
Q:手首の小指側以外の痛みも見てもらえますか?
Q:固定はしていた方が治りやすいのでしょうか?
Q:手術をした後でも、施術は受けられますか?
Q:同じようなことをしている整体がありますが、違いはありますか?
Q:軟骨が削れています、それでも治りますか?
Q:痛みが無くなった後もメンテナンスは必要?
Q:アイシングは必要でしょうか?
Q:支払いはカードは使えますか?