【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.080-6395-8749

マラソン関連

筋肉痛の回復

地図

人生初のフルマラソンを先週走ったのですが、思いのほか回復が早かったです。

一週間くらいは足を引きずる生活を想定していたのですが、
3日くらいで痛みは取れました。

 

腰痛や肩こり、膝の痛みや、脚のシビレなど、体の痛みやしびれの大半は
筋肉が原因で起るのです。

ですが、普通の筋肉痛と、それらの痛みは全然理由が違うから、
治る経過も違うんでしょうね。

 

私がマラソンで走って現れた筋肉の痛みは、筋肉を過酷に使用して、筋肉が超回復する際の痛みです。

筋肉はよく使われているので、筋肉へ血液を送る毛細血管も充分にめぐらされているのです。

だから、痛めてもすぐに修復が進み、治りは予想以上に早くなります。

 

でも肩こりとか腰痛、ひざの痛み、足のシビレなどは、
普段よく動かしているところに起った痛みではないのです。

どちらかというと、普段あまり動かしていなくて、動かないことで血流が悪くなって出る痛みです。

動かないという事は、ただ血液が流れが悪いと言うだけではなく、筋肉に血液を送る
毛細血管もあまり作られていないのです。

 

交通量の多い地域では、円滑に流れるように道路の幅も広げられ、細かい路地への道も作られます。

しかし、交通量の少ない田舎では大きな国道はあるけど、細かい道路はあまり作られません。

松山市の中心部は細かい道がありますが、北条あたりになると、細かい道はあまりなくなります。

 

人間の身体も、血液がたくさん流れる必要があるところには細かい血管が多く張り巡らされますが、

血液があまり流れないところは、細かい血管が作られません。

しかし少なくなりすぎると問題があるので、痛みやしびれが出るのです。

 

筋肉には毛細血管から血液が入ってくるので、細かい血管が必要なんです。

普通の筋肉痛であれば血液がすぐ流れて修復が進むところが、動かしてないことで出た痛みは、

細かい血管が少ないので、なかなか修復が進まないのです。

 

動かしていないところは通常あまり血液を必要としないはずなのですが、
肩や腰、ひざなどは立っている、座っているだけでも筋肉を使う場所なんです。

動きはあまりないけど、血液は必要。

だから、支障が出るのです。

つまり血液がしっかり流れるようにしてやればいいだけのことです。

しかしながら、すでに痛みが出ている状態で、動かすのは大変なことです。

だから、しまもと整体院があるんです。

 

体の中の道路工事請負ます。
Byしまもと整体院

ちなみに写真は関西の道路標示です。google mapです。

交通量の多いとこは道路も集中しますね。
奈良県、和歌山県はのどかでいいところの気配がします。

マラソン完走出来ました

愛媛マラソン完走先日は9日10日とお休みを頂きご迷惑をお掛けしました。

しかしながらおかげさまで、愛媛マラソン初挑戦で完走することが出来ました。

序盤はゆっくり走って後半に体力を残そうと思っていたのですが、中盤にランナーズハイになったのか、ちょっとペースを上げてしまい、25キロ地点あたりからは、身体の痛みとの戦いでした。

でもマラソン本番の痛みは筋肉疲労からくる痛みだったので、以前悩まされた、足がしびれる、力が入らなくなるような症状ではありませんでした。

ランニングタイツが原因と私は踏んでましたけど、本番の走りを見ると間違いなかったようです。

自分に合うタイツならいいのでしょうが、合わないタイツの場合、むしろ走る為の障害になってしまうようですね。

 

本番走っている人は9割くらいランニングタイツ履いていました。
まるで市民ランナーの公式ユニフォームの様です。

走ってる方でも、途中で立ち止まって腸脛靭帯あたりをトントン叩いているランナーにも遭遇しました。

もしかしたら、タイツを止めてみたらいいんじゃないかな?と余計な心配をしたりしてました。

私自身走りながら、何度もつらない為に立ち止まって屈伸したりしていたのですが、
後半はちょっとしたストレッチをしようとするだけで、むしろ攣りそうになっていました。

走っても痛い、屈伸も痛い、一度歩き出すと走れなくなるんじゃないかと思って、
給水するとき以外は極力走り続けました。

このまま走ったら、筋肉を傷めるんじゃないかと心配にもなりましたが、何とか持ちこたえてくれました。

 

マラソンの気持ち良さは単純に走る気持ち良さだけではなく、みんなで前向きに進んでる集団の気持ち良さもあるのかなと感じました。

立ち止まったり苦しそうにする人もいるけど、みんなが前向きなんです。
当たり前かもしれないけど、みんな頑張ってるんです。

沿道の応援も力になるけれど、辛いのは自分だけじゃない!と思うと、力が湧いてきました。

あんなにしんどかったのに、終わってしまえばなんてことなかったのかなと思えてしまう達成感です。

辛いと思っていても、ゴールがあると思えば走れます。

走った後の筋肉痛もなかなか辛いものがありますが、これも動かしていると、だんだん楽になります。

人の身体は思っている以上に頑丈に作られていますね。

 

フルマラソンを走り切れたという自信をもって、色々なことにチャレンジしていきたいと思います。

マラソンもこれで終わりではなく、続けてまたチャレンジしたいと思ってます。

後半に体力を残しておけたら、沢山の人をごぼう抜きできます。

今回はごぼう抜きされた側の人間でしたが、次はごぼう抜きして笑顔でゴール出来たらいいなと思います。

 

あと最後に、トイレに行くのがとても時間の無駄になるので、極力いかないようにするといいなと思いました。
後半の方がトイレも空いてます。

ランニングの意外な落とし穴

先日、ランニングをすると、足に力が入らなくなる、だるくなるような症状が
あると書いたことがあったのですが、その症状もしかしたら、ランニングタイツ
のせいではないかという疑いが出てきました。

走るときに寒いので、ランニングタイツを履いて、その上からハーフパンツを
はいているのですが、その服で走る時に左足の違和感が出てきます。
モモの外というか膝というか、力が入らなくなるのです。

だいたいいつもその服で走るのですが、たまに洗濯出来てない時に、
普通のナイロンジャージを履いて走るのですが、その時には足の痛み
というかだるさは出てこないことに気付いたのです。

おしりの筋肉のケアをしてから、症状が出るまでの距離が伸びたのですが、
長く走ると再発していました。

準備運動の足りない時に出るのかな?寒い時にでるかな?と思ったり、
色々観察をしていたのですが、どうもタイツが怪しいようです。

以前の足の裏の痛みも靴のゆがみ(ちょっと出っ張ってる)があって、
それを修正してやってから、足の痛みは出ていません。

今回も、筋肉の問題とかではなくタイツの締め付けによって問題が出て
いる可能性があります。

少なくとも私はそのようです。

ですので、走っていて痛みやしびれ、違和感に悩まされている方は
タイツ(服)も疑ってみてはいかがでしょうか?

あ、私は安物のタイツを使っていたので、高級なものなら、むしろ履いて
いる方が調子がいいということもあると思うので、「調子が良くない人」は
服も疑ってみるのもいいかもしれなという事です。

インターネットでも少数の意見ですが、サポートタイツを履かなくなって、
痛みが出なくなったという人もいるようです。

メンテナンスのおかげ

先日マラソンの時、足がだるくなる、力が入らなくなって走れなくなる症状があると
書いたのですが、その日の夜から早速自分でメンテナンスをしました。

脚のだるさ、力の入らなくなる症状は殿部の筋肉が原因ですので、まずそれを
緩めることにしました。

やり方は横向きに寝て、股関節の辺りに、ラップの芯などの硬くて丸い筒状の
ものを敷いて、それを角度や位置を変えながら、効く場所を探します。

効くところで、しばらくそのままじっとしながら、深呼吸をします。
息をゆっくり長く吐くのがコツです。

10秒ほどしたら、また少し角度を変えて効くところをどんどん緩めていきます。
そんなに長時間やらなくてもいいと思います。5分も掛かりません。
し、やりすぎも良くありません。

 

これで筋肉を緩めることと、股関節をグルグル回す動きで、筋肉に大きな動きを加えました。

緩めることと、しっかり筋肉が働けるように大きく動かしてやる。

この二つをすることで、先日は快適に走ることが出来ました。

ずっと5キロ程度の距離しか走れていなかったのですが、先日は10キロ走りました。

翌日のふくらはぎの筋肉痛というのも随分少ない状態で済みました。
一度走ると一週間ほど筋肉痛が引かずに困っていたのですが、だんだん筋肉が慣れて来たようです。

 

長距離走ると、また何か故障を抱えるかもしれませんが、基本的には使って鍛えることと、
メンテナンスをすることの両方をやっていれば、身体はきちんと強くなっていきます。

身体の扱いが分かれば、何も心配することないですね。

本番までに、しっかり身体を作って頑張ります!

足がだるくなり、力が入らなくなる

マラソンの練習をしていますが、走っているうちに左足がだるいような感じになり、力が入らなくなってきます。
足が抜けるような感覚とも言えます。

痛いと言うよりはだるいような、場所もよく分からないけれど、しいて言うなら太ももの外側から膝の外側にかけてです。

そのまま走り続けようと思っても、転ぶんじゃないかと思うくらい足に力が入らなくなるのです。

これ、当院にいらっしゃった患者さんの話ではなく、現在の私の状態です。

大腿筋膜張筋

マラソンをするようになって、ランナーのケガを自分で体験したいと思っていたのですが、本番が近くなって、こういう症状に見舞われると不安になりますね。

 

 

で、この症状ですが、実はお尻の横側の筋肉が引き起こす症状です。
お尻というより股関節の付け根という方がイメージしやすいかもしれないですね。

横の絵は立っている人を左側から見たものです。

青い丸のところが側面で一番出っ張っている足の骨です。

そこに向かってついている赤い筋肉や緑の筋肉が足にだるさやしびれ抜けるような感覚を起こさせる筋肉です。

横向きに寝た状態でこの筋肉の部分に、ラップの芯など少し硬いものを置いてやると自分で緩めることもできます。

それ以外にもここのストレッチなどもやってやるといいですね。

インターネットで見ていると、ランニングをされる方としてはよくある症状のようですね。

マラソンのトップランナーの方でも、この症状により走れなくなった人もいらっしゃるようでした。

私自身ストレッチなどすっかりサボってこの結果なので、これからはきちんとケアをして、本番にはしっかり走れるように調整していきたいと思います。