【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.089-978-7009

〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目-9-20

アドラー心理学

痛みが出るのには理由がある

今年も、もういくつ寝るとお正月♪ という頃になってきました。
体もスッキリさせて良いお正月を迎えたいですね。

さて今日のブログは「痛みが出るには理由がある」という事です。
とくにこの言葉に違和感は感じないでしょうか?

痛みが出るには原因がある
ではなく理由がある。なんです。

もちろん原因というものがあることもあります。
日本語ムズカシイ

例えば、

歩いて転んでひざをぶつけて痛い
という場合は理由というより、原因がはっきりしています。
ぶつけて皮膚が傷ついた&筋肉に打ち身の痛みが出ているという事ですね。

では、今度はどうでしょうか

大事なスピーチの前にお腹が痛くなる
この場合、とくに原因と言われても物理的にどうこうは無いですよね。
牛乳がぶ飲みしたわけではありませんし。
このケースではこう言うことが出来ます。

スピーチという極度の緊張によって、自律神経の反応として下痢が起きた。
自律神経の反応のことを知っていると、こういうものだと理解出来ます。
さらにアドラー心理学の表現も加えるならば、

極度の緊張から逃れようとして下痢という症状を作り出した
とも言えるかもしれません。
腹痛で会議に参加できませんと言えるかもしれません。
アドラーの残した言葉にこのようなものがあります。

「敗北を避けるために、時に人は自ら病気になることがある。
病気でなければ出来たのに…そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ」

なんとまぁ厳しい。
これは子供でもありますが、大人にもあります。
自覚なく起る現象ですから、指摘されたら人は怒ります。
間違いなく怒ります。
私も数々の言い訳をしてきましたから、私でも怒るでしょう。
でもあとあと考えたら、弱気でそういうことが起ったのだと理解することが出来ます。

それにこの現象も逆に考えて表現すれば、自己防衛反応です。
これ以上自分にストレスが掛かると耐えられないから、病気を作ることによってストレスを回避しよう。
という事です。

これが痛みの理由だったりするのです。
アドラーの言う病気は痛みと分ける必要はありません。

無理してますよ、それ以上はやめてくださいよ
というのが痛みの理由だったりするのです。

私が整体という仕事をしながら、難しいと思うのが、このケースです。
心の問題が関連している痛みです。

例えば、スポーツ障害など、身体の使い方が原因で起こっている痛みはわりと良くなるのが早いです。
体に必要なことをすれば体は治そうとしている訳ですから。

しかし、わりと心の問題が重なってくるとこうはいきません。

治ってしまったら、無理が掛かるから、身体は必死に治さまいとするのです。
治らない方が今のその人にとってはいいという事です。

痛みが目的があって出ている場合ケースと、原因があって出ているケース、そして両方が関係するケース。

痛みにはそれぞれの理由があるという事です。
はっきり指摘することがいい事もあれば、悪いこともあるのです。

私もまだまだ未熟なので、間違うこともあります。

判断間違いもあれば、判断は間違っていないけれど、伝え方を間違ったり。

体の痛みの理由。
分かればOKではなく、対処方法も色々です。

ベストな対処が出来るように、これからも頑張ります。

耳に痛いことを言うこともあるかもしれませんが、良くなってほしいと願ってます。

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

相手に嫌われないようにするのは自己中心的

最近アドラー心理学にどっぷりハマっています島本です。

今日のタイトルは「相手に嫌われないように何かをするのは自己中心的な考えです」ということです。

それだけ聞くと、なんで?ってなりますよね。
私がアドラー心理学を初めに知ったのは「嫌われる勇気」という本です。
そこに書かれていてビックリしたのことの一つが、今日のブログのタイトルです。
ビックリしたけど、なるほどなぁと納得も出来たのです。

人に嫌われないように気を使うというのは大人は誰でもやっていることではないかと思うのですが、「嫌われないよう」にというのが自分中心の考えだそうです。

なぜならば人が人を嫌いになるのはその人の自由です。
私は○○をしますから、嫌いにならないでください!って言われたら、なんか不快ですよね。
そんなことあなたに決められたくないと。

結局自分を嫌わないでっていうのは自分にしか関心が無いということだそうです。
他人に良く思われたいという思いは、その相手の為ではなく自分の為なんです。

人に嫌われないように立ち回ったところで、みんなが同じ価値観ではないので、誰かに好かれたら、誰かと意見が対立します。
それでも無理に合わせたら八方美人だし、それがバレルと余計に嫌われます。
周りに合わせてるつもりなのに、それでも否定されるとなれば生きづらいですよね。
でも、そもそもその生き方に無理があるんです。

他人に嫌われたとしても、自分の本心を言うことを大事にした方がいいのです。
自分らしく生きていれば、自分と気の合う人しか周りに残らなくなります。
無理しないで一緒にいられる人が周りに増えるのですから、幸せなことです。
だからと言って何でも本音をズバズバ言えという話ではないのです。
自分の思いを相手に上手に伝えるのが大人ですよね。

自分が無理して誰かに合わせると、相手も同じように合わせてもらえない場合不満に感じます。
相手に不満を感じる時は実は自分が無理しているからかもしれません。

逆に何かを良かれと思ってやっても、相手がそれを喜ばない、場合によっては怒ることもあります。
例えば、バスでお年寄りに席を譲ったら、「年寄り扱いするな!」と怒られるとします。
これは一般的に考えて悪いことをしている訳ではないですよね。
でも相手はまだ年寄り扱いされたくない、自分のイメージと他人のイメージの違いを受け入れられないという事です。
こんなことがあると良かれと思って何かをすることも出来なくなります。
しかし、アドラーは良かれと思ったことであれば結果的に相手が怒ったとしても仕方がないというのです。
その人には今後違った対応をすればいい。
でもそれ以外の人には変わらず親切をしたらいいと。
相手の評価を気にすると、いいことも出来なくなるのです。
だから、自分が相手の為になると思うことはどんどんしたらいいと。
でも、相手がそれを快く思わなくてもそれは仕方がないと。

相手の評価を気にするのではなく、自分の評価で生きなさいという事です。
これが「嫌われる勇気」というタイトルにつながっている例の一つです。

アドラー心理学は健康に幸せに生きるためのヒントが沢山あります。

私がこの整体院でやりたいことというのが、健康で幸せに生きる人を増やしたいのです。
だから、アドラーの教えが私はすごく関心があるのです。

しかし、アドラーの教えは優しいとともに厳しくもあります。
酷く落ち込んでいる時に見ない方がいいかもしれません。
でも、前向きに変化を起こしたい時にはすごくいいと思います。

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================