【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.080-6395-8749

腰痛

自分の課題と他人の課題(腰痛編)

勉強したアドラー心理学の中にとても分かりやすい一言がありました。
課題の分離をしましょうです。

どういうことかというと、自分の課題は自分で解決しないといけない。
でも他人の課題を解決するのはその当人がすることであって、
第三者がどうにかしようとしてはいけないということです。

何か物事がうまくいかないとき、他人の課題に足を踏み込んでいるということがあるのです。

よくある分かりやすい例えで言うと、子供の進路のことなどです。
親としてはこういうふうにした方がこの子が苦労しなくて済むと思ってアドバイス(強制?)したりする。
でも子供は自分の人生だから自分で決めたい。
でも親のお金で学校に行くから自分で決めさせろとハッキリは言えない。
…モメますよね。

「お母さん(お父さん)の言うとおりに進学したらこんな目にあった、責任取ってよ!」
なんて言われてもお母さんが責任取ること出来ないですよね。
子供の人生は子どもの責任です。
子供の行動すべてを管理なんてできませんし、するべきじゃない。

自分の課題と、自分以外の人の課題を、どっちの課題なのか、
分離することによって無駄な争いも避けることが出来るのです。

誰の課題か判断するコツは、その問題を放置して困るのが誰か?です。
それを考えるとおのずと誰の課題であるかはっきりするのです。

なのですが、人は助け合いながら生きています。
良かれと思ってが他人の課題に踏み込むことがあるのです。
特殊なことではなく、当たり前のようにあります。

腰痛に悩む人が整体を受けに来ました。
整体を受けるということは、その人の腰痛が良くなるかどうか、
整体師も関わりを持つということです。
治してあげたい。
身体のことだけで解決できるならいいのですが、
ライフスタイルの見直しが必要なものだったりします。
そうすると、患者さんは腰を治してくれたらそれでいいのに、
ライフスタイルに言及されるのは不快だ!と思う人もいます。

整体師としては身体は身体でケアをしながらも、解決に向けて共に進んでほしいと思います。
患者さんは身体は身体のケアだけで治して欲しいと思っています。

こういうケースうまくいかないですよね。
短期的に見れば施術をすれば楽になる。
長期的に見ればライフスタイルが変わらない限り腰痛がなくなることはない。

腰痛に悩んでいる渦中の人に伝えても、拒絶反応を示しやすいのかもしれません。
私は腰痛が少し落ち着いているときに読書療法をするのが
いいのかなと思います。
今痛みを抱えていると、「でも、だって」が出るんじゃないかなと。
他人事として、「そういう腰痛ストーリーがあるんだー」
くらいに読んでみれば、スーッと入ってくるのかもしれませんね。

こちらが読書療法にお勧めな腰痛本です。

「人生を変える幸せの腰痛学校」 伊藤かよこ(著)

腰痛のための本というより、幸せに生きるためのヒントの本ですね。
他の症状でも同じように言えることが多々あるからです。
ハッキリ言ってしまえば、腰痛に悩む人が多ければ多いほど整体院は繁盛します。
あ、整形外科も整骨院も鍼灸院もマッサージ屋さんもですね。
腰痛は怖いものだよ、だけどうちに来れば大丈夫だからね。
って言っている方が病院も治療院も繁盛します。
腰痛の悩みは解決しない方が良いんです。
商売のためには。

整体に限らず、商売は不安があったほうが成り立ちやすいんです。
それなのに、なんでこの本を勧めているのか、感じ取ってほしいのです。

他人の課題に踏み込むなと言われても放っておくことはできない。
それで出来るのは伝えるところまでです。
受け取るかどうか本人が決めることです。

この本は帯のところに「どんな名医や専門家も、腰痛は治せない」と書いています。
それなのにこの本を治療家やお医者さんが勧めてくれていたりするのです。
私だけではなく。
本を読むだけで腰痛を治す。

みんな知ればいいのに

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

最低限知っていてほしい腰痛の常識

世の中の沢山の健康情報があります。
腰痛に関してもあーだこーだといろんな説があります。
病院だと椎間板ヘルニアがどうとか、脊柱管狭窄症がどうとか。
整体院だと骨盤のズレだとか背骨の歪み、姿勢などでしょうか?

上記のことは、昔から言われてきた腰痛の原因です。
ですが、今ではそれらは痛みの原因ではない、ということだけは分かってきています。
気にしなくてもいいんです。
それらを気にすることで日常生活で体を動かすことがストレスになります。
それによって腰痛患者らしくなっていきます。
「自分は○○だから腰痛なのだ」 と信じて、慢性腰痛になってしまうということです。
気にしなくていいことなのに。

実際、痛みの原因は脳が関係しているということだけは分かっています。
脳が感じるストレス的なものということです。
ただストレスというと「嫌なこと」と早ガッテンする人がいるので、ストレスという一言で片付けられないのです。
心理社会的要因ともいわれます。
心と環境といろいろ絡み合う問題なのです。
この辺りはしっかりと向き合ってお話をしたり
しないと誤解が生まれたりして良くなるものも良くならなくなります。

ですので、今回お伝えしたいことは、今まで信じられてきた、背骨の異常は腰痛の原因ではないということです。

腰痛の研究によって解明されてきているものです。
今の時点でこれをすれば良くなるという統一的な方法は見つかっていません。
ただ、腰痛の原因を背骨の構造異常のせいだと考えると、腰痛が悪化したり慢性化する要因になると言われています。

腰痛の研究で明らかになっていても、現場には伝わっていなかったりします。
腰痛の治療をする医療関係者や、整体・カイロプラクティックの先生などですね。
昔の教科書で勉強していたり、現場で治療に集中していて他の情報が入ってきていなかったり。
今までそう言っていたのに急に意見を変える勇気が無かったり。

なので、腰痛になった人が知識を得たほうが、意識改革は早いかもしれません。
背骨や椎間板など背骨の問題を指摘されても、それらは痛みとは無関係ということは知っておくといいですね。
動かしている方が腰痛は治るのが早いんです。

私の話だけだと信じられない方のために、最新の情報を発信してくれている動画を紹介します。

海外の腰痛啓発動画です。
少し長めですが、腰痛で苦しむ期間を短くするには問題ない15分です。
安心してください、日本語字幕付きですよ

腰痛は怖くない
そしてこちらはNHKでためしてガッテンでやっていた動画ページです。
5つの動画があります。
ひとつひとつは1分程度の動画です。
PPAPの動画と同じくらいの短さです。
PPAPで笑うことも良いですが、腰痛の人はまず上記の動画は見ておくといいと思います。
まぁこちらは医療機関への配慮をしているので日本的だなと思いますが、伝えたい真意はちゃんと伝わります。

まずは知ることからです。
今まで信じていたものがなくなるのでショックかもしれませんが、知ることがスタートラインです。

どうか過去の常識で苦しみませんように。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================