【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.089-978-7009

〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目-9-20

TFCC損傷

TFCC損傷の出張施術を受ける方への注意事項

手首の痛みをキチンと治したい方は、この項目をしっかり読んでください。

まず安静にしていれば治るという常識を捨ててください。
安静にしていて痛みは治まっても、また使えばぶり返します。

施術を受ける前に出来るだけ手首を使って、痛みが増した状態で来てください。
手首を使って痛みが増してもケアをすればよくなるというのを実感してもらうためです。
そもそも施術を受けるときに痛みが少ないと変化を感じにくいのです。
痛みが10→3になるのに、3→2では感動が薄いですよね。
せっかく感動するチャンスなので、感動してもらいたいんです。←エゴです
そして、どう動かしたら痛いのか出来るだけ把握してきてください。
施術は動かしたときの痛みを取っていくので、その動きが分からないと痛い動きが残ることがあります。

どのみち施術を受けてからは安静はやめていただきます。
安静にしていたら治るものも治らないからです。
これに関しては施術前に言葉で説明してもピンとこないので、施術の際に実感と共に説明をします。
だから、そもそも私の施術を受けると決めたからには、動かしてきてください。
ということなので、痛み止めの服用、痛み止めの注射などもしないでください。
痛み止めをしていた場合、感覚がないせいで効果が分からないことがあります。

固定のサポーターやギプスをはめているのであれば出来るだけ外してください。
長期間動かさないと手首全体が固まって、そもそも動かない手首になります。
手首を動かす為のリハビリだけでも数週間かかってしまうので、せっかくの施術が無駄になりやすいです。
なお、長期間固定していて、手首小指側だけじゃなく他の部位にも痛みが出ることがあります。
痛みに関しては私の施術で取れることが大半なので、合わせてご相談ください。
とにかく問題なのは動かなくなっている状態です。

私の出張施術を受ける期間に出来るだけ手首に負荷をかけられる環境を作ってください。
スポーツをする人であればそれらが出来るようにするなどです。
特に2週間の期間の後半です。
負荷をかけながら治していくのが大事だからです。
これも施術をしながら説明します。

まとめると

手首はなるべく動かして、痛い状態で来る
どの動きが痛いか把握する
痛み止めの類は使わない
固定はなるべく外す
負荷をかけられる環境を用意する

です。
あとはケアの仕方をお金を払って、教わる予定の方は爪を短く切ってお越しください。

必要な持ち物はタオルを二枚持参してきてください。
スポーツをしている方で、持って来られる道具で痛みの確認が出来る方はお持ちいただいても構いません。
例:ラケットをこうすると痛いとか、バットでこうなった時痛いなど施術前に痛い動きを、
施術後平気になったことを確認するためです。

服装に関しては、肘から先の腕を触りますので、袖まくりをしてひじから先が出せる服でお越しいただけたらと思います。
女性の方はスカートですと動きにくくなりますので、パンツスタイルでお越しいただけたらと思います。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

TFCC損傷の施術のペース(プラン)

施術を受けて良くなるのも、一度で完治するわけではありません。
施術後その場で痛みがほぼゼロになることは良くありますが、それでそのまま治ることはありません。

一度の筋トレでおなかが六つに割れることがないのと同じです。

施術をどのくらいのペースで受けたらいいか良く聞かれます。
個人差はありますが、早く治したい方へのお勧めのプランをお伝えします。

施術は可能であれば一日おきに受けてください。
ほとんどの方は施術の翌日、押された筋肉が筋肉痛や打ち身のように痛くなります。
腫れっぽかったりおもだるかったりです。
なので、施術の翌日は無理に押したりせずに出来る範囲で動かしてきてください。
正しい動かし方は教えます。
施術の間隔は理想は一日おき、空きすぎると治るのに時間がかかります。
どうしても週末しか来れないという場合、連日もありです。
その場合二日目は動かすことをメインに組み立てます。

なるべく動かしながら治したいのですが、負荷をどのくらいかけるかは人によりけりアドバイスが変わると思います。
でも心配しなくても、やりすぎたからと言って治らなくなるとかはありません。
一時的に悪化したって結局ケアをしたら治るので、そういう意味では一度無理しておくと不安が解消しやすいかもしれません。
なるべく負荷をかけながら生活をして、一日おきの施術を受けられていたら、2週間もするころにはほぼ痛みが出なくなっていると思います。

一日おきで施術を受けられた方は多分2週間で完治できるのではないかと思います。
少なくとも、日常生活は普通に送れます。
何かの時だけちょっと痛みとか違和感が残るかもしれません。
これはどのくらいちゃんと動かせるか、なので、2週間の間で痛みゼロになるよう頑張ります。
動かし方がかなりマニアックな動きなので、うまく動かせるようになるだけでも大変です。

一週間に一度くらいしか受けられない方は、2週間では完治は無理だと思います。
ただ、日常生活の不便は大分なくなると思います。
ケアの仕方を別料金で教わるか、見よう見まねで自分でケアしてしのぎながら、次の出張の機会を待つかしていただくといいと思います。

一日おきに施術を受けていれば、2週間後には日常生活に支障なく、不安なく過ごせるはずです。
手術するのと比べたら日常の制限は無いに等しいですし、料金も半分以下です。
2週間後には好きなスポーツも出来るようになるはずです。
手術をしてからリハビリ通いすることを考えたら、雲泥の差ですね。

何回受けたら治るのか良く聞かれますが、個人差がありすぎてなんとも言えません。
どのくらいで治ったと表現するかも人それぞれです。
日常に支障がなければOKなのか、どんなに酷使しても痛みが出ない、違和感もないレベルなのか。
なんともない状態にしたい場合、上記のお勧めのペースで。
ある程度でいいという場合、週二回くらいを予定してみてはいかがでしょうか?

治るために一番大事なことは、勇気を出して動かすことです。
私も昔、手首を痛めていた時、何もケアをせずに動かしたら悪化していましたから、動かすことが怖い気持ちは分かります。
でも治るためにもまた動かさないといけないのです。
恐怖は乗り越えないと無くならない。
出張施術の期間は私が何とかしますから、勇気を出して動かしてください。
私がいなくなってから何かにチャレンジして、うまくいかなかったら私にはどうにもできません。
いる間にお願いします。
いる間なら、多少無理して動かして痛みが出ても私が何とかします。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

TFCC損傷の出張施術の料金

出張施術の料金ですが、一新します。

初回 約60分 20,000円10,000円

二回目以降 約30分 5,000円です。
以前に私の施術を受けられた方も二回目以降の扱いになります。
完治させに来てください。
経験と共に技術も上がっています。

かんたんなケアの仕方は教えますが、細かいものは教えません。
企業秘密ですし、教えても私と同じようには出来ません。

そもそも自分で治してくださいではなく、私がしっかりケアをしていきます。
何度も施術を受けるうちに、自分でも少しはケアが出来るようになることでしょうし。
私の施術を続けて受けてもらうために、二回目以降の金額を安くしています。

私は、手首の症状は完治するものであることを知っているので、さっさと治してしまって、
その人の人生をエンジョイしていただきたいと思っています。
それも痛みと付き合いながらではなく、完全に痛みを恐れることなくです。
だから、治りきらないと言われたくないのです。
自分でどうにかしようではなく、ちゃんと頼って、ちゃんと治してもらいたいです。

だから、普通の整体に行く感覚ではなく、手術を受けるくらいの感覚で来てほしいのです。
好きな仕事、好きなスポーツ、好きな趣味。
これらが好きなだけ続けられるようになるために、施術を受けに来てほしいと思います。

でも、本当に効果が出るのか不安という人もいますよね。
安心してください。
施術の効果が見込めない場合は場所代ということで5,000円はいただきますが、満額頂きません。

治らない方の施術をする方が疲れますので、こちらとしてもその方が助かります。
もちろん変化がなくてもなんとか、原因を追究してほしいという場合は、施術料も頂き、頑張らせていただきます。
効かないならいいやということであれば、早めに打ち切らせていただいて5,000円とさせてください。

もしケアの仕方もしっかり教えてもらいたいという場合は、追加料金30,000円でお伝えします。
松山にお越しいただいた県外の方もその金額でお伝えしています。
今回は2週間という半端な期間になるため、この料金ですが、
今後一か月の出張とかになると、その期間内で十分完治可能になりますので、ケアのレクチャーは金額を上げさせていただくと思います。

TFCC損傷は世界中で治りにくいものとされています。
それを専門でやるのは本物の技術であるという自負があるからです。

もっと安く提供できるようになるのは、筋肉のケアで治るということが世界的に証明されて、技術が認められた後の話になります。
そうなれば、私の技術を伝えて広めていくことが出来ますが、今の時点ではきちんと施術の効果を証明していくためには、私がやらなきゃと思っています。
私と同じレベルになるには私以上の経験が必要になりますが、今は施術を希望する人がそこまで多くないので経験を積みにくく、技術を高めにくいのです。

料金のまとめ

初回 約60分 20,000円10,000円
二回目以降 約30分 5,000円
ケアのレクチャー、しっかりしたものが必要な方は30,000円

料金修正しました。
20,000円以上の価値があると思っています。
しかし、施術を受けていない方には分からず、ハードルが高いという意見がありました。
施術を受けていただくのが目的なので、修正させていただきます。
しかし、施術の価値は20,000円以上だと思って受けてください。

施術を始めて数分以内に施術の効果が出るか出ないか分かります。
そこで変化が出ていない場合、その場で切り上げるのであれば5,000円のみ請求させていただきます。
そのままどうにかして痛みが無くなるよう施術を続ける場合は満額頂きます。
施術の効果が出ることが前提なので、返金保証のようなものと捉えてください。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

TFCC損傷施術が効く人効かない人

TFCC損傷の方の私の施術の有効率は80%以上です。
それも一回の施術で変化をする確率です。
しかも、変化は多少ではなく明らかな変化です。
「マシになったかなぁ?」のレベルは私は変化していないほうに入れています。

手をつくのが痛くてできなかった人が腕立て伏せの姿勢が出来るとか、
物を持てなかった人がひょいひょいと持ち上げられるなどです。

そんな激変を当たり前のようにするのですが、条件があります。

それは手首を動かして痛みが増す人です。

朝起きたら何となく痛いとか、特にどう動かしたら痛いというのはない。
何かの拍子に痛みを感じるけど、どの動きだかわからない。
というような状態の人は変化しない可能性が高くなります。
そもそも痛みの確認が出来ませんから。

良くある痛い動きは、床に手をつくと痛い(伸展)、手のひらを上に向けると痛い(回外)、
手のひらを下に向けて更に回すと痛い(回内)、手首を小指側に曲げると痛い(尺屈)
などです。
基本的に私が得意としているのは手首小指側に痛みが出る場合です。
小指側に痛みが出るけど他の部分にも出来るという場合も対応はできます。

それと、基本的に手首が痛くてやりたいことが出来ないという方が効果が出やすいです。
手首が痛くて仕事が出来ないのだけど、仕事自体やりたいことではないという場合、変化しにくかったりします。
痛みが出ることも理由があったりします。

その仕事を辞めたいというときに理由として手首の痛みが出ることがあるからです。
そういう方は手首を治すより先に、本当にやりたいことがなんなのか人生を見つめなおした方が良かったりします。
例え手首の施術を受けて良くなっても、他の部分が痛くなって結局できなくなったりします。

施術の効果が出やすい人は、

手首をこう動かすと痛いというのが明確な人
②手首が痛くてやりたいことが出来ない人

です。
それ以外の人は来ないでくださいとは言いません。
しかし、変化しにくい可能性があると認識したうえでお越しください。

変化しやすいはずの人なのに、変化が出ない場合もまれにあります。
その場合、継続して変化することもありますので、ケースバイケース対応させていただきます。

なおよく質問されますが、病院で靭帯や軟骨が損傷しているとか、
骨が長いからとか言われて心配している方がいらっしゃいます。
それらは一旦、頭の隅に置いておいてください。
施術を受けない限り理解できないと思います。
余計に悪くされるんじゃないかと心配するかもしれませんが、これも受けない限り理解できないと思います。
怖がりの方には軽い力で、ちょっとしたことで変化を感じてもらって、それから施術をすることも出来ます。

心配している人は言葉でどんな説明をされても、勝手なイメージを作り上げるので、心配はぬぐえません。
勇気を持ってきてください。

手術しないと治らないと言われた人ほど受けてほしいと思っています。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

The Story Until I Decide To Reach Out To The World

While refraining from regular sports activities, I could avoid too much load on my wrist that would hinder daily life.
After working at a company, I decided to make living as a bodywork therapist.

That was when I learned about the trigger point therapy.
I realized that the damaged muscle is not necessarily the same as the site of pain.
After learning a certain level of treatments, I decided to try playing a racket sport that I once gave up due to the wrist pain.
Because I didn’t have much break from the work, I chose to play the badminton that is not affected by the weather.
When I picked badminton, I told myself, “If I have the pain, I should take care of it by myself.
If I can’t make it better, then I should give it up. I couldn’t have played it to begin with.
After playing the badminton for a while, I felt that annoying pain in my wrist.
It was the symptom that leads to that unbearable wrist pain.

However, this time I paid attention to the forearm, the trigger point.
The pattern of the pain was exactly the same as that used to make me suffer.
With an expectation, I treated it while reining my impatience.
I felt the tingle in my wrist.
This is it!
I was convinced at once.

After that, I continued taking care of the point through trial and error.
I started to play the badminton more often, and put more load on the wrist, but that pain have never recurred.

So I cured it…!

I felt strange because I could recover from that horrible pain with such an ease but searched on the Internet if there is anyone suffering from the same symptom.

I found that there are people having the pain in the same site that is caused by the same move as mine and that there was a name for the symptom.
It was called TFCC tear/injury.
According to the Internet, this symptom is caused by the damaged wrist tendon and is difficult to cure.
Difficult to cure! Instantly I realized that was the exact symptom I had.

If wearing plaster and resting doesn’t make it better, you have to receive a surgery.
I learnt that often times it does not get better even with a surgery.

I found about this symptom after curing myself by taking care of muscles, so I thought that it was no surprise that a surgery couldn’t fix the problem with muscles.

Then I felt obliged to tell people that there is a cure for TFCC injuries. I thought it was my mission.

My first move was to write a blog post.

I wrote that TFCC injuries (the ulnar-side wrist pain) can be cured with a proper care of the muscles.

Nobody was interested in it.

At that time, I was working at a chiropractic clinic in Tokyo but decided to return to my hometown to open my own clinic.

I thought that by doing so, I can say whatever I want to say at my own risk.

It was then that a person who had both TFCC injury and ulnolunate abutment syndrome and was facing a difficult choice of giving up a sport or having a surgery visited me as a patient.

I was sure that I could cure him and didn’t want him to abandon the treatment before the effect becomes apparent, so I offered the treatment for free.
Just to demonstrate the effect of my approach.

He was successfully recovered.
Now that I actually cured a person who had diagnosed to be in need of an operation, I was more convinced.

After that event, I shared a simple treatment method on my webpage.
It’s something like a free sample.

Although that webpage had been ignored, there were more and more visitors and some of them left comments on my blog.
Many of them said that they were cured, but there were also people without success.

Since there is a proper way of applying pressure, I decided to accept house visits.

I have been to some places in Japan and received visits from a far. The number of my patients increased to about 400.
About 80% of them felt improvement of the symptom with just one treatment session.

Even with this rate of success, there are still many people going under surgery.
Why does it happen?
It is because they do not believe.

There are so many positive feedback from the people I treated, but it is a nature of the Internet that it is hard to tell truth from lies.

I want those who suffer from TFCC injuries to take my treatment before undergoing the operation.
I am sad because I am reaching out for them out of goodwill but they do not accept it.

I have cured many people but it doesn’t help me with my mission neither financially nor credibility-wise.

My patients are just like anyone else. There are many of them, but their opinion does not stand out.

So I decided to reach out for the world to find people with great influence with this symptom, and ask them to try my treatment and testify about it to strengthen the credibility of my approach.

I’m a bit scared. What if I cannot achieve anything after such a big mouth?
But I have seen too many people whom I made happy to remain silent.
There is no one better than me in curing TFCC injuries. Who else can do this?
So I decided to talk to the world.

My therapy is valuable to everyone with that awful wrist pain.

But at the moment, my goal is to find potential influencers. I want them to experience my treatment and talk about it.
I believe that it eventually makes me powerful enough to save all the people suffering from TFCC injuries.


You Do Not Need To Fear TFCC Injury

My Own Case of TFCC Injury

 

Contact from here