手首の専門家、しまもと整体院

TFCC損傷をはじめ、手首の痛みでお悩みの方はご相談ください

TEL.080-6395-8749


症状解説

テニス選手のTFCC損傷

今日はテニス選手についてのTFCC損傷の考察です。
テニスをされている方で手首を痛めている方も多いですね。

テニスの場合、野球のように人とぶつかったり、スライディングで手をついて…のようなぶつかり系の痛め方はありません。
痛めるのが利き手の場合と、利き手じゃない場合があります。

まず利き手を痛めるのは、多くの場合フォアハンドで痛めます。
フォアハンドで打つ場合スピンをかけるために、テイクバックからラケッドヘッドを下にさげてタメを作って打ちます。
痛めるきっかけになるのは野球の時と似ていますが、体に近い球を無理に打ちに行くときに痛めやすくなります。
フォアの構えで理想的なミートポイントなら問題がないのですが、少しずつ体に近いところで打つようにすると手首がどんどん窮屈になるのを感じると思います。
その際、手首は小指側に傾きなおかつ反らされた状態になります。
ここで筋肉が異常な収縮をしてしまい、そのままトリガーポイントを形成してしまうのです。
手首が詰まる状態が痛めるきっかけになりやすいので、ボレーなどでも同じ原理で痛めることがあります。
ボレーの時にフレームに当たったりしてねじれる力が加わって痛める人もいます。
上記が利き腕を負傷するパターンです。

そして今度は利き腕ではない手首を痛める場合ですが、これはバックハンドの時に痛めます。
バックハンドの時でも、手首を反らしてタメを作りますので、体に近づいたボールなどで過剰に手首が詰まってトリガーポイントを形成します。
私は軟式テニスをしておりましたが、私が痛かったのはバックハンドでした。
打ち方が違うので、硬式と軟式が違うのかと思いきや、軟式テニスをされてる方でも、フォアが痛いという方がいらっしゃったので、打ち方の癖というものもあるのだと思います。

テニスの場合、テニス肘になっている人も多いですよね。
テニス肘も多くの場合、前腕の筋肉が原因になっています。
テニスは社会人になってから始めることも多い、趣味としても入口の広いスポーツです。
初心者から上級者までそれぞれのクラスで大会などもありますから、楽しく続けたいですよね。

ごまかしごまかしテニスが出来るのならまだいいのでしょうけど、テニスの頻度によっては手首も肘も持たなくなります。
ラケットを振るだけでも痛くなり、日常生活にも支障が出ます。
ただ、手首を動かす時に痛みが出るという場合はやはり、多くの場合筋肉が痛みの原因ですので、きちんとケアができれば怖いものではありません。

テニスもどの動きでどのあたりが痛むかによってケアの仕方も異なるので、テニスを続けられなくなるんじゃないかと心配な方は、ご相談ください。

===========================
日本で唯一の手首専門の整体院
『しまもと整体院』です。
手首の小指側に特化して、当たり前のように結果を出していきます。

TFCC損傷、尺骨突き上げ症候群など諦めずにご相談ください。
TEL 080-6395-8749
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

野球選手のTFCC損傷

タイトルでTFCC損傷と表現しているものの、私は手首の小指側の痛みはTFCC損傷が原因ではないと思っています。
手首の小指側の痛みを訴える人に施術をして、私のトリガーポイントセラピーが効果を発揮しないケースが一割にも満たないからです。
TFCC損傷と私が呼ぶのは手首小指側の痛みを表現する名前として使いやすいからです。

今回は野球をしている人の手首小指側の痛み(以下TFCC損傷)を説明していきます。
まず一般的に言われている原因、加齢や使いすぎ。
これに関しては私は否定しておきます。
沢山使って筋肉が固くなっているということが多少は関連もあるかもしれませんが、使いすぎは直接の原因ではないと思っています。

実際は、急激な筋肉の短縮動作と、伸張が原因だと思います。
筋肉を思いっきり縮めすぎた場合と、急に伸ばされた場合です。

野球選手で手首を痛める原因として多いのはバッティングとスライディングです。
バッティングは内角高めとかが一番危険だと思います。
ボールに合わせて体を動かせて(逃がせて)いるといいのですが、思ったよりも体に近くなった球を、振ってしまったから無理に当てに行くなどすると、手首が詰まりすぎるのです。
関節の動きとしてそれ以上動かないのに、もっと縮もうとして筋肉に硬結が出来てしまうのです。
硬結というのはトリガーポイントのことです。
イメージ的には筋肉の中に固いこぶのようなものが出来るという感じですね。
それがきっかけになってトリガーポイントが形成されると、それが解消されないままになっていわゆるTFCC損傷と言われる症状になってしまうのです。
腕の筋肉にトリガーポイントが出来るのですが、そのトリガーポイントが手首に痛みを飛ばすのです。
腕にも違和感が出る場合もあるのですが、ほとんどの場合、腕にはあまり何も感じず、手首のみ神経をさすような痛みを感じます。
もしくはヒリヒリと腫れているような重い鈍い痛みですね。

そして、もう一つがスライディングですね。
手のつき方が悪いと手首が反らされ過ぎます。
単純に過剰に手首が反ることで筋肉が合わせて収縮しようとして勢い余って硬結が出来てしまうということですね。

大体の野球選手の野球が原因のTFCC損傷は上記二種類です。
他にも野手同士がフライを取るときに接触したとか、盗塁などで接触したなどのぶつかり系でも起こります。
あとはボールをキャッチする際手首をひねって無理に取ったとか、無理しているところにイレギュラーバウンドをしてボールがグローブに弾かれて強くねじれすぎたときなども発生要因となります。

いずれにせよ一瞬の動作によってこの症状は作られます。
私に言わせればなるときはなる。
ある種の事故のようなものです。
使い方が悪いとかそういう次元ではなく、ギリギリの球を無理に打ちにいった結果だったりするのではないかと。
ギリギリを責めていれば事故は起こるのだと思います。

いずれにせよ痛めた瞬間の動作がどういうものかは、あまりその後のケアには関係ありません。
その動作の時にどこが動くかなんて把握のしようもありません。
ただ、どんな動きでどこが痛むのか。
これさえ分かれば的確な施術をすれば、痛みはその場でほぼ消えていきます。

ただし、その場で筋肉が造り替えられるなんてことはないので、その後もしっかりとケアをしていく必要があります。
施術で動かなくなった筋肉(硬結)を私が強引に動かせるようにするので、その筋肉を固まらせないようにしっかり大きく動かしていただきます。
動かせるようになった部分が動かしやすい筋肉に作り変えられていけば痛む動作が減っていきます。
そして、まだ痛む残りの動きの筋肉をまた施術で動かしてやるのです。
これを続けることで手首の痛みは完治に至ることが出来るのです。
しっかり効かせる施術が出来なければ何回ケアを行っても、硬結は動くようになりません。
これがTFCC損傷(と呼ばれる症状)の厄介なところです。

数か月どころか、数年単位で痛み続けることがあるのが、この症状の特徴です。
現在の医学では固定・安静を勧められますが、それでは治らない人も多いのです。
ただ、固定安静は比較的お金がかからないやり方なので、試してみたらいいと思います。
それでも治らない場合は私にご相談ください。

私のやり方だと固定安静は必要ありません。
ほとんどの方は施術後一週間以内にスポーツに復帰されます。
そして競技を続けながら治していくことになります。

===========================
日本で唯一の手首専門の整体院
『しまもと整体院』です。
手首の小指側に特化して、当たり前のように結果を出していきます。

TFCC損傷、尺骨突き上げ症候群など諦めずにご相談ください。
TEL 080-6395-8749
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

症状解説

手首の専門になり、他の症状の解説をトップページに載せることが出来なくなりました。
その為元々あった症状解説のページはこちらにまとめて置いておくことにします。

頭・首

頭痛
首こり
顎関節症、あごの痛み
寝違え

肩・背中・腕

肩こり
背中の痛み
腕、手のシビレ
五十肩
手首の痛み
肘の痛み
野球肩

腰・脚

腰痛(慢性腰痛)
ぎっくり腰(急性腰痛)
坐骨神経痛(脚のシビレ)
股関節の痛み
膝の痛み
足がつる
O脚
足のむくみ
骨盤の開き
足首のねんざ
足がむずむずする(むずむず脚症候群)

全体・その他

慢性疲労
冷え性
不眠症
体のゆがみ
めまい、ふらつき
自律神経失調症
げっぷが出る
成長痛(~12歳頃まで)
成長痛(10代のスポーツ障害)


人差し指の付け根の痛み

マニアックな痛みの解説していきます。
私がバドミントンを始めて上達思考が強い時に、人差し指の付け根の痛みに悩まされました。
この赤い丸を書いたところですね。
この痛みはトレーニング用のラケット(重たいもの)を使って試合などをしている時に痛み出しました。

スマッシュなどを打とうとすると痛みが出るのです。
よく痛みを観察してみると人差し指の根元を平側から甲側に押すような動きをすると痛みが増すのです。
写真のように
イメージとしてはピリッと神経に触るような感じの痛みです。
人差し指で何かを押すような動きをしても痛みが出ました。
原因は明確です。
重たいラケットで負荷が強いのに、そのままバドミントンをしたことで、人差し指の根元に負担がかかりすぎたのです。
人差し指の付け根を平側から甲側にグイグイ押すと、たまらない痛みが出るんです。
時間と共に解決するかと思いましたが残念ながら解決しませんでした。

ということで自分で治しました。
この痛みの原因は、第1背側骨間筋という筋肉の硬結が出来ていました。
トリガーポイントのようなものですね。
トリガーポイントの疼痛パターンだと人差し指に痛みが出るようですが、私は親指と人差し指の境目でした。
とにかくここの筋肉が固くなっていて、そこをほぐしてやると痛みが軽くなりました。
すごく硬いので思いっきりほぐして動かしているうちに痛みが出なくなりました。

おかげさまでまた普通にバドミントンをすることが出来るようになりました。
バドミントンの動きで痛めやすそうですが、他の動きが原因で痛みが出ることも十分考えられます。

鍋を振るとき人差し指に重みがかかると痛いなどの場合、こちらをケアしていく必要があります。
筋肉の痛みですが、病院などでは腱鞘炎などと言われてしまうかもしれません。
人差し指の根元が痛む方は疑ってみるといいですね。
私は自分でほぐしましたが多分普通の人は無理だと思います。

上手にほぐしてくれる施術家が近くにいるといいですね。
ピンチ力が無ければ施術家でも難しめの症状だと思います。
ただ、適切な処置をすれば治ります。

どうしてもという方は一度ご相談ください。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群と言うものがあります。

症状は、じっとした姿勢や、横になっている時に、

『むずむずする・じっとしていられない・かゆい・火照るような・虫が這うような』
感覚異常が現れるのが特徴です。

人によっては脚だけではなく、腰から背中、腕などにも表れる人もいるようです。

じっとしている時に起ることが多いので、睡眠を阻害されるなど、日常生活に支障をきたすことも多いようです。

 

原因は完全には解明されていないようですが、

①神経伝達物質ドーパミンの機能低下

②鉄分の不足による代謝異常

等が疑われているようです。

①のドーパミンの働きが低下してしまう原因の一つに、薬の影響も考えられるそうです。

ドーパミン阻害薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬などが関係があるそうです。

花粉症やアレルギーによって、抗ヒスタミン薬も一般的にありふれた薬になっているので、それらを飲み始めてから、ひどくなった場合などは原因として考えられるかもしれませんね。

②の鉄分の不足は女性にとくに多いようですね。

むずむず脚症候群自体も女性の方が多いそうです。

この鉄分をしっかり吸収して体内で使えるようにするためには、ただ鉄分だけを取ればいいわけではないようです。

そもそも、①のドーパミンを作る為に必要な栄養素として、たんぱく質・カルシウム・ビタミンC・葉酸・鉄・ナイアシン・ビタミンB6などがあるようです。

これらの栄養素が足りないと、ドーパミンが不足する可能性があるという事は、鉄不足が起こりやすいというのは、そのままドーパミンも作られにくいという事です。

赤身の肉にはたんぱく質もヘム鉄もビタミンB群も豊富に含まれているようです。

そして、これらの栄養素をしっかり吸収するためにも腸内環境を正常に保つことも大切です。

便秘や下痢が続くのも良くありません。

ダイエットの為に小食になったり、野菜ばかり食べていると、上記のような栄養が足りなくなることもあります。

 

つまり、むずむず脚に悩まされている方は、薬の影響や食事の見直しなどが必要になるという事です。

ストレスなどの影響もあるようですが、出来ることから改善していけるようにしましょう。

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================