【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.089-978-7009

〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目-9-20

慢性腰痛

慢性腰痛

腰痛は国民病と言われるほど身近にある体調不良の一つですね。

腰痛の原因はこれまで、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症等の背骨(椎間板含む)の病変が原因と考えられてきました。
しかし、最新の腰痛研究の結果では、多くの場合これらの病変と腰痛には因果関係は無いと発表されています(腰痛ガイドライン)

椎間板ヘルニアでも実際に手術が必要なケースももちろんありますが、その場合痛みもありますが、深刻な麻痺がおこります。
大小便のコントロールが出来ない(失禁や出ない)、筋肉がピクリとも動かない、などの症状がある場合は手術が必要になってきます。

そうではない場合、椎間板ヘルニアは脊椎の老化現象の一つで、しみやしわと同じようなレベルの問題であることが多いのです。
腰痛になったことが無い人でも椎間板ヘルニアは発生しているのです。

では何が腰痛の原因かというと、筋肉です。正確には筋筋膜疼痛症候群というものです。
簡単に説明すると、筋肉が何かしらの原因で、血液が足りない状態が続くと栄養不足によって、筋肉、筋膜に異常(トリガーポイントの発生)が起こり、そこから痛みが出るということです。

筋肉の血流が悪くなる原因として、ストレスの影響が昨今では取りざたされています。
自律神経の働きで全身の血流はコントロールされているのですが、ストレスが掛かっているときなどには、交感神経(緊張状態で働く)が優位に働き、血液を頭に送り、全身の筋肉への血流は抑えられるのです。
その結果腰の筋肉の慢性的な血流不足から、腰痛が発生するのです。

ですので、腰痛の正しい対処方法は血流を改善するということです。
その為に身体を動かすことが大事だったり、ストレスのケアが必要だったりするのです。

2足歩行が腰痛の原因と言われることもありますが、これも関係ありません。
アフリカの狩猟民族は私たちと比べ物にならないほどに長距離を歩きますが、彼らに腰痛はありません。

腰痛に悩まされない為には、まず関係の無いことに気を揉まないことも大事です。
骨のせいと考えた時点で、腰痛を楽にするために、あなたに出来ることは何もなくなります。
二足歩行が原因と考えたところで、四足歩行をするわけにもいきません。
大事なことはよく動かすことと、ストレスのケアをすることです。
腰痛を改善するために動かす場所は腰だけではありません。
足腰をよく動かすことです。

日常の習慣で固まった場所を自分一人で動かすようにしていくことは非常に困難です。
当院の施術で、固まった場所を緩めながら、自分で動かすようにしていくと、体調が改善するのが実感できるはずです。
施術を受けるだけでも楽になりますが、一時的なものです。
キチンとポイントを押さえた動かし方もアドバイスいたしますので、一緒に腰痛の対処方法を学んでいきましょう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.