【松山市鴨川のしまもと整体院】

松山市鴨川のまじめな整体、しまもと整体院

TEL.089-978-7009

〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目-9-20

おすすめ書籍

自分の課題と他人の課題(腰痛編)

勉強したアドラー心理学の中にとても分かりやすい一言がありました。
課題の分離をしましょうです。

どういうことかというと、自分の課題は自分で解決しないといけない。
でも他人の課題を解決するのはその当人がすることであって、
第三者がどうにかしようとしてはいけないということです。

何か物事がうまくいかないとき、他人の課題に足を踏み込んでいるということがあるのです。

よくある分かりやすい例えで言うと、子供の進路のことなどです。
親としてはこういうふうにした方がこの子が苦労しなくて済むと思ってアドバイス(強制?)したりする。
でも子供は自分の人生だから自分で決めたい。
でも親のお金で学校に行くから自分で決めさせろとハッキリは言えない。
…モメますよね。

「お母さん(お父さん)の言うとおりに進学したらこんな目にあった、責任取ってよ!」
なんて言われてもお母さんが責任取ること出来ないですよね。
子供の人生は子どもの責任です。
子供の行動すべてを管理なんてできませんし、するべきじゃない。

自分の課題と、自分以外の人の課題を、どっちの課題なのか、
分離することによって無駄な争いも避けることが出来るのです。

誰の課題か判断するコツは、その問題を放置して困るのが誰か?です。
それを考えるとおのずと誰の課題であるかはっきりするのです。

なのですが、人は助け合いながら生きています。
良かれと思ってが他人の課題に踏み込むことがあるのです。
特殊なことではなく、当たり前のようにあります。

腰痛に悩む人が整体を受けに来ました。
整体を受けるということは、その人の腰痛が良くなるかどうか、
整体師も関わりを持つということです。
治してあげたい。
身体のことだけで解決できるならいいのですが、
ライフスタイルの見直しが必要なものだったりします。
そうすると、患者さんは腰を治してくれたらそれでいいのに、
ライフスタイルに言及されるのは不快だ!と思う人もいます。

整体師としては身体は身体でケアをしながらも、解決に向けて共に進んでほしいと思います。
患者さんは身体は身体のケアだけで治して欲しいと思っています。

こういうケースうまくいかないですよね。
短期的に見れば施術をすれば楽になる。
長期的に見ればライフスタイルが変わらない限り腰痛がなくなることはない。

腰痛に悩んでいる渦中の人に伝えても、拒絶反応を示しやすいのかもしれません。
私は腰痛が少し落ち着いているときに読書療法をするのが
いいのかなと思います。
今痛みを抱えていると、「でも、だって」が出るんじゃないかなと。
他人事として、「そういう腰痛ストーリーがあるんだー」
くらいに読んでみれば、スーッと入ってくるのかもしれませんね。

こちらが読書療法にお勧めな腰痛本です。

「人生を変える幸せの腰痛学校」 伊藤かよこ(著)

腰痛のための本というより、幸せに生きるためのヒントの本ですね。
他の症状でも同じように言えることが多々あるからです。
ハッキリ言ってしまえば、腰痛に悩む人が多ければ多いほど整体院は繁盛します。
あ、整形外科も整骨院も鍼灸院もマッサージ屋さんもですね。
腰痛は怖いものだよ、だけどうちに来れば大丈夫だからね。
って言っている方が病院も治療院も繁盛します。
腰痛の悩みは解決しない方が良いんです。
商売のためには。

整体に限らず、商売は不安があったほうが成り立ちやすいんです。
それなのに、なんでこの本を勧めているのか、感じ取ってほしいのです。

他人の課題に踏み込むなと言われても放っておくことはできない。
それで出来るのは伝えるところまでです。
受け取るかどうか本人が決めることです。

この本は帯のところに「どんな名医や専門家も、腰痛は治せない」と書いています。
それなのにこの本を治療家やお医者さんが勧めてくれていたりするのです。
私だけではなく。
本を読むだけで腰痛を治す。

みんな知ればいいのに

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

人生を変える幸せの腰痛学校

%e8%85%b0%e7%97%9b%e5%ad%a6%e6%a0%a1

今日は久しぶりの読書感想文です。
ブログのタイトルが「人生を変える幸せの腰痛学校」ですが、読んだ本のタイトルそのままです。
なんだか意味がよく分からないという人が多いでしょうね。
人生を変えるとか幸せとか、スピリチュアルの世界のようだし、腰痛学校ってなんぞやと。

この本はいままでの腰痛本と全く違います。
小説になっているので文章がスイスイ入ってきます。
著者の伊藤かよこさんの処女作ですが、腰痛のための本ということを感じさせない表現力があります。
楽しく読めて、それでいて大事なことは響いてきます。

物語の主人公はなんと!腰痛で悩む三十路の女性(驚くところではない)
紆余曲折あって、腰痛改善プログラムというものを試すことになった。
そしてプログラム最初の日先生から言われたことは、
「とても言いにくいんですが、みなさんにあえてお願いします。腰痛を治したいとは思わないでください。」

…は?ってなるところからスタートするのです。

腰痛の研究は今の腰痛の常識とは異なった方向に進んでいます。
世界で一番進んでいる(効果が実証されている)腰痛の治療法、認知行動療法を元に書かれています。
腰痛を克服するうえで大事なことは、

①腰痛について正しく認識すること
②適度な運動をすること

この二点です。
①は正しいことを知るというよりも、まずは間違っていることを知ることの方がポイントかもしれませんね。
○○が腰に悪いと思い込んでいると、その思い込みの力が働いて腰も悪くなります。
私もそうではないですよと発信していますが、私の発信よりも○○が腰に悪い!という情報が多すぎて、なかなか浸透していっている手ごたえはありません。
この本は私の汗だくつゆだくの必死で言葉足らずな発言と違って、さらりと大事な要点を伝えてくれます。
しかも分かりやすく。(くやしいほどに)
そして、多くの腰痛患者さんが思い描くであろう疑問もきちんと解決してくれます。

②に関しては分かってはいても難しいこともあると思います。
でも、初めから特別なことなんてしなくてもいいですからね。
基本的にはやりたいことをやりましょうですし。

タイトルに人生が変わるとか、幸せのとか入っていますけど、決して大げさではないです。
人生を変えるだけの力はこの本にも宿っています。
そもそも人生を変える力は皆さんが持っているのですが、使い方を知らなかったりするだけです。
使い方を教わっても使わない人もいるでしょうけども。使う勇気がない人も…。

でも、腰痛で苦しむ人生なんて、好きこのんで選ばないですよね。
そして、この本は腰痛について書かれていますが、もっと大きな可能性も秘めた本だと思います。
腰痛は自分で治すもの。
腰痛は(も?)治してもらうものではないということです。

腰痛に対する私のような整体師は、助言だったり、勇気づけだったり、施術で心と体の余裕を作るのが仕事だと思います。
話を聞くというカウンセリング要素もあるし、好きなようにしゃべってすっきりするところだったりです。
(手首の症状では私の施術を受けなきゃダメだよと言っていますが(笑))

 

とにかく腰痛に悩む方には文句なしにおすすめ出来る本です。%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93
参考文献にされている本が、私の読んできた本と共通しているところが沢山あるので、至る所に共感できました。

そして、あまり他の感想文で触れられていないけれど、挿絵が味があって良いです(^_^)
なんかさりげなく挿絵があるんだけど、クスっとくるやつです。
ちょっと私の学生時代の絵のテイストと同じです。

===========================
松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック
『しまもと整体院』です。
体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

嫌われる勇気の感想

嫌われる勇気今までに何回かアドラー心理学の話をこちらでしていましたが、そもそも私がアドラー心理学に興味を持ったきっかけの本をこちらで紹介していませんでした。

他のブログでは記事にしていましたが。。。
色んなとこに記事を書くと、どこに書いたか分からなくなりますねf(^-^;)

とある人からの紹介で読んだ本ですが、すごくいいと思いました。
自分はなんでこうなんだ?!何のために生まれたのだろう?
幸せになるにはどうしたらいいのだろう?自分の価値観は変なんじゃないか?
そんなことを私は幼稚園児の頃から考えてきました(笑)←実話です

普通に生きていれば、人と価値観が合わずにぶつかることがあります。
それを我慢することもあれば、激しくぶつかって相手を言い負かそうとしたり我を通そうとしたり。
嫌な思いをせずに生きるという事はとても難しいのです。
この本はどの項目も目からうろこのような驚きと発見です。
でも、ほぼ納得がいく話です。

内容はとても深いので簡単に説明なんて出来ません。
一つ言っておきたいことは、この本は劇薬です。
心が傷ついて弱っている時、救いを求めて読む本ではありません。

何名かの方にこの本をお貸ししましたが、私のように感動している人ばかりではありませんでした。
何名かの方は、難しくてよく分からなかった、読んでて頭が痛くなる、などと、途中で読むのを止めたようでした。

つまり、自分で人生を変えていきたい、今のままじゃ嫌だ!
と思っている人でなければ『受け入れられない』という事だと思います。

『今の自分のままでいいんだよ』 という癒しや救いを求めている人には厳しい本です。

幸せになるのも不幸になるのも自己責任だよ
というメッセージがこの本にはあります。

今不幸で辛い(と思っている)人には酷な話です。

しかし、不幸なこともあったけど、今はそれほどでもない、という人は読むといいと思います。

私はこの本を読むことで、【自分の努力で幸せになれる】
と言うメッセージを受け取ってもらいたいと思います。
周りの人が変わらないと自分が幸せになれないなんてことはないのです。

けっして、あなたが不幸なのはあなたが悪いんです。
と言いたい訳ではないのです。

変わらないといけないんじゃない、自分らしくあればいい
でも、今の自分のままでいい と言うわけではないのです。

厳しいことも承知のうえで、楽に生きられるように変わりたい方にお勧めしたいと思います。
過去と他人は変えられない 自分と未来は変えられる

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

アレルギーは腸で治せる

今日は本のご紹介です。

アレルギーは近年とても増えてる疾患です。
○○アレルギーなど沢山の種類がありますよね。

このアレルギーは腸が重要なカギを握っているというのです。

ざっくり簡単に話してしまえば、近年の日本は清潔志向が高まってきています。
除菌・抗菌・殺菌と言う言葉があらゆるところで使われています。

しかし、本来人間の身体には菌が沢山います。
善玉菌だとか悪玉菌だとか言いますが、実際には悪玉と言われている菌ですら、
身体に必要な働き・役割を持っていたりします。

それらのバランスが悪くなっているのがアレルギーの原因だというのです。

自然に調和した生き方ならば起らない現象がアレルギーなんです。

アレルギーの本この本の中に書かれている言葉はとても刺激的です。

この藤田先生曰く、「子供をアトピーにさせない為には、
まず一つ目、子供の食べ物は主として落ちたものを食べさせること。
二つ目、食事中に必ず足の指をなめさせること。」

だそうです(笑)

私もかなり非常識な発想をする方ですが、勝てません(笑)
子育て中のお母さんはこれを聞いてどんな感想を持つのでしょうか?

確かに赤ちゃんはつかんだものはすべて口に含みますね。

あれは生活する環境にあるものを体内に入れることによって、その環境に適応しようとしているんですね。

タバコや電池など飲みこんではいけないものはしっかりと管理しつつも、汚いけど命に関わらないものは、
どんどん取り入れさせた方がいいのかもしれませんね。

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================

病院に行かなくても治る

書籍病院にみなさん何しに行きますか?

何を言ってるんだ?と思いますよね、私も書きながら思いました。

病院へは治しに行くとか、診てもらいに行くとかですよね。

でも、実は病院に来ている患者さんの8~9割は病院に来なくても治る症状だそうです。

もっと過激な表現をすれば、病院に来なくても治るのに、無駄な検査と無駄な薬の為にお金を払ってくれる、おいしい患者さんだそうです。お医者さんが言っていることなのです。
私の発言ではなくて。

そして、そういう患者さんで溢れていることで、やりがいを持って働こうとしたお医者さんが、割り切って患者さんをさばくようになるそうです。
患者さんを診るではなく、さばくです。

今の医療の現場は、本当は自分で治さないといけない症状を、病院で何とかしてもらおうとする人であふれているそうです。

そして、そういう人たちを利用してお金を稼がないと経営が成り立たない、薄利多売の商売になっているそうです。

風邪、高血圧、高脂血症、糖尿病、メタボリックシンドローム、頭痛、腰痛、自律神経失調症などだそうです。
この本に書かれてあることは、私が常日頃思っていることが書かれています。

不安に煽られ、病院に行き、検査をし、薬を飲む。

しかもそれらの症状で死ぬことは無い為、医療訴訟にもならないし、病院の処置で治ることは無いので、生涯病院に足しげく通ってくれるということです。

そんなことをお医者さんが書いているのです。分かっているのです。

この現状を変えていくには、患者さんが賢くならないといけない。
おいしい患者さんになるなという事だそうです。

これはお医者さんが書いた医療現場の話ですが、肩こり・腰痛の話では、整体・カイロプラクティック・整骨接骨院・マッサージでも同じことが言えると思います。

骨のズレとか歪みとか気にしなくてもいいものを気にして、治してもらいに整体に行く。

整体は利用するものであって、整体に利用されてはいけないんです。

この本、読んでみてください。色々考えさせられると思います。

医療批判本の一つかもしれませんが、単なる批判ではなく、向かうべき方向を示している、前向きな本だと思います。

===========================

松山市鴨川にある整体・カイロプラクティック

『しまもと整体院』です。

体調不良で悩まされないように、安心をお届けします。

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお気軽にご相談ください。
TEL 089-978-7009
※「ホームページを見て…」とお電話ください
お問い合わせのメールはこちらからどうぞ。

===========================